ネット銀行住宅ローン借り換えの注意点とは?

住宅ローンで苦しんでいる人ってきっとたくさんいるんでしょうね。子供が成長すると特に住宅ローンだけじゃなく、多額の教育費用もかかってきますからね。住宅ローンと教育費で、かなり家計を圧迫しているというご家庭も少なくないでしょうね。そんな苦しい状況の時には、住宅ローン銀行借り換えを検討してみるといいんじゃないでしょうか。

ローンの借り換えによって、少しは生活に余裕ができるかもしれないし、負担を減らすようなローンの組み換えだって可能ですよね。 なるべく低金利の銀行を選び、ローンの組み換えが可能なところで、生活状況に合わせて組み換えをすれば、教育費を捻出することもできるんじゃないかな。教育費にお金がいる間は少し緩い返済負担にして、その後、ローンの額を増やしていくようにすれば、苦しい生活状況でも、何とか乗り切ることができそうですよね。

それに今までよりも低金利で借入できれば、トータルの返済額だってかなり差がでてくるし、借り換えによるお得感も感じられるんじゃないかな。 住宅ローンのことで悩んでいる人は、一度銀行の借り換えについて本気で考えてみるといいでしょうね。銀行によっては繰上返済の手数料が無料だったり、一円から繰上返済ができるといったサービスを組み込んでいるところもありますよね。そんな風にサービス内容が充実している銀行を選んで借り換えをすれば、住宅ローンの負担だって、将来的にも少しは軽くなるかも・・。

住宅ローンといっても、ほぼ金利を払っているようなものですからね。金利がちょっとでも安ければ、返済が長期になればなるほど、トータルの返済額が安くなりますよね。住宅ローンの借り換えで、将来少しでもゆとりのある生活を送れるようになれば、老後のための蓄えもできるかもしれないし・・。

金利分の出費を減らすこと、これが借り換えで一番メリットの大きい点でしょうね。それから繰上返済の手数料が不要で、少額から返済可能というのもメリットですね。ちょっとずつでも繰上返済していけば、その分、金利負担は少なくなるわけだし、完済までの期間を短くすることもできますよね。

多額の貯金をするのは難しいけど、せっせと少しずつ多めに返すことは案外簡単かも・・。お金に余裕がある時には、ムダにお金を使わずに、少しずつでも繰上返済をして、将来のローン負担を減らしていくようにすることが、住宅ローンを抱えている人にとって、賢い生き方かもしれませんね。

 

借りやすいネット銀行の住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

今のローンよりも金利の低いローンを組む住宅ローン借り換えですが、借り換え手続きに際して色々と必要なものがあります。

その際、準備する書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の本人確認書類などの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる課税証明書などの書類、3つ目は重要事項説明書などの不動産業者や法務局で取得できる書類になります。

勤務先などで取得する書類は比較的見慣れているのでどんなものかイメージしやすいですが土地公図などは普段見慣れないのではないでしょうか。

ここに挙げたのは主な分類なので金融機関によっては他の書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

住宅ローンを選ぶ際に重要なポイントがいくつかあります。

例としては、繰り上げ返済が簡単で無料なことです。

なぜかというと返済を早く行えば行うほど元本も利息もガンガン減っていきます。

結果として支払期間が少なくなったり、支払期間が短くなります。

そのため、手続きをネットで気軽に行えることや繰上げ返済できる額が一円以上なのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

返済時に気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が苦しくなったら本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

借りやすいネット銀行の住宅ローン借り換えを行うときもこの部分のチェックは大切です。

1度組んだ住宅ローンを他の住宅ローンに変更する住宅ローン借り換えですが1回組めたから借り換え審査も通ると楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちる場合もあるんです。

借り換え審査時に職場や年収が変わっていなければ審査に通ることの方が多いようですが転職した場合や年収が下がっている場合は要注意です。

特に年収が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時は新築扱いだった物件の評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他にはカードローンや自動車ローンなど別のローンを複数抱えている場合も年収に対してのローン額が増えていると通らない可能性があります。

皆さんは住宅ローンを申し込んだ際に頭金を支払いましたか?中には、頭金を支払わなかった人もいるかもしれませんがそうすると毎月の返済額が高くなります。

そのため、ローンの総返済額を減らそうと借りやすいネット銀行の住宅ローン借り換えを行う人もいます。

稀に、「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と考えている人もいるようですが審査に落ちることもあります。

借り換え時の審査では、最初に申し込んだ審査の時よりも物件の担保評価額が下がってしまって予定していた金額で借入れできないことや住宅ローン以外に複数のローンを抱えていて落ちることがあります。

年収や職場が変わらなくてもこういった面で引っかかることがあります。

住宅ローン借り換えをするにあたり様々な手続きが必要です。

一例としては、抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士が代わりに行いますが司法書士を選ぶ権利は申込者側に原則あるので金融機関指定の司法書士以外に自分で選ぶこともできます。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないことが多いので金融機関が指定する司法書士を選ぶことも多いです。

司法書士を自分でも選べるかどうかは金融機関へ確認してください。

他に用意する書類も多く時間もかかるので借り換えメリットが少ないと思ったら行わないという決断もありです。

現在借りているローンの金利よりも低い金利にするために行う借りやすいネット銀行の住宅ローン借り換えですが、借り換え時にはいくつか注意点があります。

参考:住宅ローン借り換えランキング!一番お得な銀行は?【金利比較】

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、メリットとしては月々の返済額を今よりも低く抑えられることなどが挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の金融機関で住宅ローンを組むことなので将来的に金利が上がるリスクがあるデメリットもあります。

金利だけでなくこういった面も含めて総合的に考えるべきです。

仮に、借り換えを行うのを決めた場合では、借り換え先は保証料がないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなど自分の条件にあった基準でローン選びをする必要があります。

憧れのマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が多くて大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが住宅ローン借り換えです。

ただ借り換えのメリットを享受したいことを考えると当然、今のローンよりも金利が低くなる必要があります。

検討する際のメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているので確認してみてください。

ただ、計算する際の注意点として、シミュレーションを使って20万円くらい利息が少なくなるから借り換えようと思うと登記などの経費が発生してあまり得にならなかったということもあります。

住宅を購入する際に利用したい住宅ローン控除ですが実は借りやすいネット銀行の住宅ローン借り換えを行なった後でも要件を満たしていれば利用できます。

控除を受けるには勤め先で年末調整をしていた方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告が必要です。

その際、必要書類が多いので直前から準備を始めずに余裕を持って始めましょう。

借り換えを行なっても継続できる要件としては、当初の住宅ローン返済のためという要件と借り換え後の借入期間が10年以上になっているかという点です。

基本的に借り換えを行う理由としては借金を返すためではなく金利を見直すためなので借入額が増えていたりしなければ適用可能なことが多いです。

借りやすいネット銀行の住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行Bからお金を借りて、現在借入中の銀行に返済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行に話す必要はないので理論上では100回でも借り換えを行なっても問題はありません。

ただ、借り換えを行う理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

そのため、多い人でも2、3回が限界と言われています。

1回限りと言われるとべストな時期に借り換えをしたいですが答えとしてはベストな時期は誰にもわかりません。

借り換えメリットが月収以上になった時がベストな時期と言われています。

借り換えメリットが月収以上になったときです。

住宅ローンを契約した際に固定金利のフラット35を利用した方の多くは全期間固定金利だからローンを組んだらそのまま放置するものという認識はありませんか?平成21年4月から借り換え融資プランができたので住宅ローン借り換えをフラット35同士で行うとお得な場面が多くなっているんです。

基本的には金利差が0.3%あればお得になります。

よく借り換えの例にされているのが固定金利から変動金利に借り換えをする場合が多いです。

変動金利だと固定に比べて1%から2%低く設定されていることが多いので一見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利同士での借り換えは、金利変動リスクはありません。